真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)の違い

シェアする

やねよりたかい こいのぼり おおきいまごいは おとうさん ちいさいひごいは こどもたち おもしろそうに およいでる  

おなじみの歌ですが、「まごい」「ひごい」って何だろう・・・と家族で話題になったので、調べました。(大した話じゃなかったけど・・。)

スポンサーリンク

真鯉、緋鯉って、何!?

まごい=「真鯉」・・・種本来の色彩と、うろこをもつコイのこと。体色は黒っぽい。

ひごい=「緋鯉」・・・コイの一品種。体色は赤や赤黄色、斑紋のあるものなどさまざま。ニシキゴイはこれをもとに改良したもの。

完全に色だけの問題なんですね・・・。何か意味があると思ったのだが・・・。   ちなみにこれが真鯉。

  で、これが緋鯉です。

  こ、これだけの違いかいっ!!(笑)

それだけでは面白くないので、下のような記事を書いてみました。よかったら見ていって下さい!

「鯉のぼり」を上げてはいけない町が京都にあった!その謎に迫る!!
5月5日のこどもの日。保育園や幼稚園、また裕福な家庭だったら鯉のぼりを立てている所もあるかと思います。 そもそも鯉のぼりをあげる由来ですが、江戸時代に7歳以下の男子のいる武家では、端午(5月はじめの午(うま)の日)に、戦(いくさ)の際に使用する「のぼり」や「吹き流し」などを立て...