ワットチェッカーで電気機器の電力を測ってみた その1

シェアする

節電節電と世の中がうるさいのですが、一体全体、そこら中の電化製品がどのくらいの電力を食うのか、いくらかかるのか調べてみました。

スポンサーリンク

はじめに

とりあえず、1kwh(1キロワット時=1キロワットの電力を1時間消費もしくは発電したときの電力量) 20円として計算します。

詳しくは、最寄りの電力会社のHPを御覧ください。当方は関西電力ですので、該当のページをリンクしておきます。

使用した機器は、ワットチェッカー(サンワサプライ製)

評判がよかったので、購入しました。

【エネループ4本】

エネループ4本をほぼ使い切った状態で、充電。エネループのロットによって性能が違う場合もあるようですが、細かいことは気にしない。こいつらを満充電した際の電力量。

充電に要した時間 2h

電力量(料金)    0.01kwh(0.2円)

こう考えると、充電器を持っていれば、エネループ単三4本約1200円くらいですんで、アルカリ電池単三4本凡そ250円と比較すると6回使えばpayしますし、6回以上繰り返し充電しても1回の充電0.2円で、微々たる物。充電の繰り返しも1500回いけるので、1500回やっても300円です。ゴミも減らせるし、言う事なし。

通常のアルカリ電池より、エネループの方が蓄電量が多いので、さらにお得です。ただ、リモコンなどは基本的に全然電力を食わないため、これをエネループにすると逆にコスト増になってしまうので、ご注意を。こういうものはマンガン電池を使いましょう。

【ブラウン管テレビ21型(シャープ製)】

10年前くらいに購入したテレビです。学生時代、下宿するときに購入したやつでしょうか。今は、ゲーム専用機になっています。

使用した時間    1h

電力量(料金)    0.05kwh(1円)

1時間1円です。高いような、安いような・・・・。まだ測っていませんが、うちのPanasonicのプラズマテレビ、今度測ってみます。

【ティファール(湯沸し器)】

1.2Lタイプのティファールケトルです。コーヒー一杯なら数十秒で沸いてしまうティファール。さぞかしとんでもない電力を食っているんだろうと計測。1.2L沸かした際の電力を計測です。

使用した時間    5min.

電力量(料金)    0.1kwh(2円)

1.2L沸かすのに2円。高いのか、安いのか。2Lのお湯をガスで沸かすと容器にもよりますが、3円かかるそうなので、ガスの方がちょっとお得か。ただ、沸くのが圧倒的にティファールの方が早いので私はティファールを推しますが・・・・。

【ウォシュレット(Panasonic製)】

上記のウォシュレットとは型が違うやつなんですが、3年前くらいに購入。節電モードで計測。

使用した時間    38hour

電力量(料金)    0.05kwh(1円)

調査が甘く、「いったい何回計測時間中にウンコをしたのか」「どのくらいの時間噴射しているのか」がわかりません。まあ、大人2人が使用する通常レベルでこのくらいだと思ってください。ほとんど待機電力でしょう。1ヶ月に換算しても20円程です。嫁さんから、「節電のためにウォシュレットのコンセントを抜け」と言われて困っているという前職の後輩M君、大した電力・金額は食っていないので、コンセント抜くんなら、こまめにクーラーを掃除するほうがよっぽど節電対策になると、嫁さんに言いましょう。

他にも計測したものがありますが、おいおい紹介します。

これ、今年の夏休みの宿題として非常に良いと思うんですけど、みなさん、ワットチェッカーかいません??

スポンサーリンク
NO IMAGE
DigitalGateの記事がまあまあ面白かったら、
いいねをおねがいします~!

シェアする

関連記事はコチラ!!

~関連記事はコチラ~