(npapiプラグイン)Chromeで動いていたページが最近動かなくなった時に考えること!

シェアする

先日、といっても3月くらいになるでしょうか。ChromeでWindows Intuneの管理画面に入ろうとしたら、入れなくなっていました。

どういう状況かというと、ログインはできるがその先の画面で『Microsoft Silverlight』の最新バージョンに上げろと言われる始末。

最新版に上げてるのに一向に最新版にしろとしか言われない。しかたがないので、IEで入ってみるとすんなり表示される。この現象が一体何なのか調べてみました。

スポンサーリンク

そもそもIntuneだけなのか

見れなくなったサイトはIntuneだけなのか・・・と思っていると他にもJavaのサイトで一部見れないサイトがありました。どこのサイトかは忘れてしまったのですが^^;

どうも、Chromeが怪しいです。で、調べていくとNPAPI(Netscape Plugin Application Programming Interface)というAPIが関連していることがわかりました。

っていうか、Netscapeって懐かしいなオイ。20代の人なんかわからんのではないでしょうか。

NPAPIを使った機能をサポートしない!

2015年4月14日に公開されたChrome バージョン42で、古いAPIだったNPAPIをサポートしなくなったそうです。2014年9月からアナウンスがされていたよう。このAPIを使い続けることに関して、セキュリティ面で問題があるそうです。

このNPAPIが使えず、IntuneのSilverlightがこの機能を利用していて使えなくなったそうなんですが、エラーも警告もでないので、一体なんで急に使えなくなったのかがわかりませんでした。ちょっと位、警告表示してくれたらすぐわかったんですが・・・

回避策(当面)

NPAPI プラグインを使用する必要がある場合は、一時的な回避策として次の方法があります。ただし、2015 年後半に予定されている Chrome バージョン 45 のリリース以降はこの方法は利用できません。暫定的な対応ですね。

【やり方】

  1. Chrome を起動します。
  2. 画面上部のアドレスバーに「chrome://flags/#enable-npapi」と入力します。
  3. 表示されるウィンドウで、[NPAPI を有効にする] の下の [有効にする] をクリックします。
  4. ページ左下にある [今すぐ再起動] ボタンをクリックします。

Chrome バージョン 45 のリリース以降、NPAPI プラグインを必要とするコンテンツを読み込むには、別のウェブブラウザを使用する必要があるとのこと。もう完全に設定項目とかもなくしちゃいますよ!ということなんでしょう。

皆さんも、これに遭遇したら一旦は上記対応で逃げて、根本的にブラウザを変更したり、そういうサイトに改善をもし入れてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
(npapiプラグイン)Chromeで動いていたページが最近動かなくなった時に考えること!
DigitalGateの記事がまあまあ面白かったら、
いいねをおねがいします~!

シェアする

関連記事はコチラ!!

~関連記事はコチラ~