ちょうちょの数え方

シェアする

小学生一年生の娘の夏休みの宿題を見ていて、私が小学生一年生の時に憤慨したテストのことを思い出した。

スポンサーリンク

はじめに

生き物や、モノの数え方を問う問題で、例えば鉛筆の絵が書かれていて「2ほん」と答えを書く、そういう問題。テストには、蝶々が2つ描かれていた。普通は「2ひき」と書く所を、その時、隣の女の子がやたらカンニングしてくる疑惑があったので、わざと、「2とう」と書いた。

実は、蝶々は「ひき」ではなく、「とう」として数えるのも正しいということを何かで読んで知っていたので、「この女、知るまい!!」と思って書いた。

案の定、隣の女の子は「2とう」と書いており、私の罠に引っかかって皆から糾弾された。私はどついた。

女の子の話はどうでもいい。しかし、テストに✕が付けられているのは何故か。ずっとこのことについて根に持っている・・・。

スポンサーリンク
NO IMAGE
DigitalGateの記事がまあまあ面白かったら、
いいねをおねがいします~!

シェアする

関連記事はコチラ!!

~関連記事はコチラ~