年末年始に年賀状の処分の仕方を考えてみる。

シェアする

年賀状を年末に作成するに当たって、我が家では作成後、去年の年賀状をシュレッダーにかけて処分していました。これが毎回苦痛でしかたない・・・・。

そんなにシュレッダーを使わないので、10年前に購入した3000円程のシュレッダーでシコシコ頑張って処分しているのですが、パワーがなく一度にコピー用紙2枚もしくは、ハガキ1枚が限度。100枚ほど毎年届いているので面倒で仕方ありません。

何とかならないものかと、年賀状の処分の方法をあれこれ調べてみました。

スポンサーリンク

郵便局で回収してくれないのか??

P_20151227_095924_HDR

まず思ったのが、そもそもこんなにハガキを買わせて配達の為にバイクや車を走らせ、二酸化炭素を撒き散らしている日本郵便が、先頭に立って回収しリサイクルを率先して実施すべきではないのか!?と思い、日本郵便のホームページを色々見てみたものの、2016年現在では、そういったサービスはしていない模様。

ハガキって紙の質からすると良いもののような気がするんですが、写真プリントなどされているとリサイクルに困るんでしょうか。ハガキの紙代も回収してリサイクルすれば浮くように思えるんですが残念です・・・・。

ただ、

にあるように、

  • プリンタカートリッジ回収

  • 消火器回収

  • PCリサイクルの事例

というものは実施しているようです。ハガキをやってくれよ、ハガキ!!資源が無駄です。そんなに言うなら、ハガキ出すなよ!と言われそうですが(笑)それも味気ない・・・・。

もうちょっと良いシュレッダーに買い換える?

P_20151227_100603_HDR

今使っているシュレッダー(上の写真)があまりにもダメダメ過ぎるのか?Amazonで高評価な商品をピックアップしてみました。

Amazonベーシック商品でA4が8枚、CD、DVD、クレジットカードの裁断も可能。私の持っているやつはA4が2枚なので、ハガキにすれば4枚くらいは同時にイケるでしょう。ただ、値段が4000円程度。

ただ、ゴミの紙を裁断するだけのために4000円か・・・と思うとちょっと悲しい値段。うーん、なんとかならんものか。

そんなに神経質にならなくても良いと割り切れば・・・

どこかのブログを見た際に、

年賀状を束にして側面に接着剤をつけ、ガムテープでぐるぐる巻きにしてからゴミ袋に入れて捨てる

という案が書かれていました。よく考えて見れば、年賀状をポイッと捨てた所で、確かに住所は見えてしまっているが、それを見て嬉しい人がどこまでいるんだろう??

ストーカーされているならまだしも、そうで無いならそこまで神経質にならなくても良いのではないかと思って、やってみました。

P_20151227_203851_HDR

量が多いので、3つに分割し、ガムテでぐるぐる。

P_20151227_204003_HDR

接着剤を側面につけるというのは面倒なので、ガムテープでぐるぐる巻きで勘弁しておき、スーパーの袋に入れゴミ箱へ!めっちゃ楽(^^)

スーパーの袋を開け、ガムテープを剥がしてハガキを見られるような恐れのある人は、相当なストーカーに追いかけられているか、恨まれている人くらいでしょう。じゃなければ、こういう捨て方でもいいんじゃないかと。

ただ、エコな私は紙資源が無駄に捨てられているというのが無念でなりません。シュレッダーしても無駄なんだけどね・・・・^^; 日本郵便、がんばってくれよ!!!

スポンサーリンク
年末年始に年賀状の処分の仕方を考えてみる。
DigitalGateの記事がまあまあ面白かったら、
いいねをおねがいします~!

シェアする

関連記事はコチラ!!

~関連記事はコチラ~