Windows10更新前にウイルスバスターのバージョンをチェックしよう!

シェアする

2015年7月29日から、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows 8.1 Updateを持っているPCやタブレットを持っているユーザに対して1年間、Windows10への無償アップグレードが提供開始となります。

ウイルス対策ソフトの購入を検討していて、7月上旬ぐらいにAmazonで『ウイルスバスタークラウド』が3年版6000円程の大安売りだったので購入してインストールしたんですが、

Windows7にウイルスバスタークラウド、インストールしたけど、10に更新された場合、ライセンスどうなるんだろう?そもそも10に対応しているんだろうか?

とふと思い、調べてみました。自宅パソコンに3台まではインストールできるパッケージ製品なのですが、まさか「Windows10では使えない」とか、「一旦アンインストールするので、ライセンスを1つ消費します」みたいなことが無いよなぁ・・・と心配になったので・・・。

スポンサーリンク

トレンドマイクロ社からの情報

トレンドマイクロのヘルプとサポートページに、下記のように情報が掲示されていました。

Windows10へバージョンアップする際は、その前にウイルスバスター クラウドを最新版(プログラムバージョン8.0以上)へバージョンアップしておく必要があります。

ご利用のウイルスバスターのプログラムバージョンはこちらからご確認いただけます。ご注意ください

ウイルスバスターを最新版にする前に、Windows10へバージョンアップしてしまうと、現在インストールされているウイルスバスターがアンインストールされます。Windows 10にバージョンアップする前に、以下のページの手順でウイルスバスターを最新版へバージョンアップしてください。

最後の方に、要注意情報がかかれています。ウイルスバスターを最新版にしていないと、ウイルスバスタークラウドがアンインストールされてしまいますので、知らない間にウイルス対策がされていないで、利用し続けることになります。Windows側から「対策出来てないよ」とアラートが表示されるとは思いますが・・・。

トレンドマイクロのページを見ていると、インストール時に入力したシリアル番号さえあれば、PCのリカバリ時等の再インストールは可能とのことなので、恐らく上のようにアンインストールされてしまったとしても、ライセンスを消費せずに再インストールは可能と思います。(さすがに製品名にクラウドとついているので、クラウド側で何台インストールされているのか把握できているのでしょう(笑))

とにかく、現在のバージョンを確認して、問題なく29日のWindows10更新日を迎えられるか確認しましょう!

ちなみに、ややこしいことにこのWindows10更新に合わせて、トレンドマイクロから

ウイルスバスタークラウド10

とやらが、発売されます。今までの「ウイルスバスタークラウド」はPCしか保護せず、スマホなんかは、「ウイルスバスターモバイル」という製品で対策をとることになっていましたが、この『ウイルスバスタークラウド10』は、このパッケージだけでPCとスマホ合わせて3台保護できるようです。

これがでるから、7月上旬に安売りしていたのかな・・・?

コメント

  1. […] プしてしまうと、現在インストールされているウイルスバスターがアンインストールされます。 [引用元] Windows10更新前にウイルスバスターのバージョンをチェックしよう! | DigitalGate […]