【たまに行くならこんな店】グランヴィア京都 「Le temps(ル・タン)」

シェアする

  先日、会社の仲間内の忘年会で、グランヴィア京都の「LETEMP」というお店に行ってきました。 

「temps」(タン)という単語には、2つの意味があります。1つは「時間(time)」の意味で、もう1つは「天気(weather)」の意味です。いずれもイタリア語の「tempo(テンポ)」が変化したものと思われます。

スポンサーリンク

お店の紹介

ここは、表向きカフェっぽいんですが、ビュッフェ形式のディナーもやっており、今回行った際はタラバガニが食べ放題でした。

その日はタラバガニだけではなく、ズワイガニもありました。

普通、ビュッフェ形式(バイキング)って、ひと通り取ってきて食べ終わると飽きてしまいますが、開始してから、15分に一回程の割合で新しい料理が出され店内にアナウンスされるので、新鮮味があります。

「お寿司ができあがりましたのでお集まりください」「ズワイガニを用意いたしましたので、お取りください」 など。これは、今までになかった新しいやり方だなぁと感心していました。

が、アナウンスされるものを全て取りに行ったせいか、参加したメンバー殆どがグロッキー状態に・・・。タラバガニがボディブローのように後から効いてきました。食事の量はほどほどにしましょう(;´∀`)

この「LETEMP」は、誕生日であれば料金が無料になるなどの特典があったり、途中で誕生日の人を祝ってくれたりしますんで、ご家族、恋人と・・・いかれるのがベストかと思います。

特典や料金については、ホームページを見て確認するといいでしょう。私たちは、4500円くらいだったでしょうか。今度、家族の誕生日に行ってみようかと思っています。とにかくオススメです。  

スポンサーリンク
【たまに行くならこんな店】グランヴィア京都 「Le temps(ル・タン)」
DigitalGateの記事がまあまあ面白かったら、
いいねをおねがいします~!

シェアする

関連記事はコチラ!!

~関連記事はコチラ~