赤ちゃん・幼児の上唇と歯茎がくっついている件について(上唇小帯)

シェアする

いきなり、わが子の歯茎のドアップ写真を載せてしまっているのですが、皆さん小さい子どもの上唇と歯茎が繋がっているのってご存知でした?   自分のを見てみると、筋のようなものは残っているものの歯ぐきと上唇がくっついているということはありません。   初めてこれに気づいた時は、何か先天性の異常なのか!?と思ってビックリしました。   この上唇と歯茎がくっついている現象を、「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」と呼ぶそうです。

スポンサーリンク

上唇小帯は安心して下さい、「誰でもありますよ!」

お医者さんのサイトでは、以下のように解説がありました。

上唇小帯(じょうしんしょうたい)は、上くちびると歯ぐきとをつないでいる「すじ」です。2歳未満ではこの小帯が太く、歯ぐきの頂上から上の前歯の間に割り込むようにまわりこんでいる場合が多く、これは正常です。1歳6か月児健診などで指摘されることがありますが、よほど極端なものでなければ心配なく、乳幼児期に切除する必要はありません。年齢と共に付着位置が歯ぐきの頂上から降りてくるのが普通です。

ということなので、心配はないようなんですが、みんな小さいときはこの上唇小帯を持ってたんですね。自分自身全く気付かなかったですが・・。 たまにコケたりして、上唇を打ったときなんかは、この部分が思いっきり剥がれそうになり、かなり出血することがあるので気をつけてください!    

にほんブログ村 子育てブログへ←ぽちっと応援おねがいします。 にほんブログ村