SheevaPlug Uboot アップデート方法

シェアする

SheevaPlugについて、かなり検索でこのページをご覧になっている方がいらっしゃるようで、もっと情報を提供したいのですが、ネタが無いので、とりあえずU-bootの更新について書きたいと思います。

どうやら、SheevaPlugのブートローダであるU-bootは、バージョンによって不具合があるらしく、2010年1月にゲットした私のSheevaもその不具合バージョンでした。ロットによってはバージョンが上がってたりするらしいのですが・・・。で、その不具合バージョン、そのまま放っておくと起動できなくなるというとんでもないバグがあるらしいので、さっさと更新してしまいましょう。

スポンサーリンク

はじめに

1. SheevaPlugと母艦PCをUSBでつなぐ(Teraterm必須)

2. tftpサーバを用意します。(新バージョンのU-bootを母艦から送り込むのに必要)

3. SheevaPlugで、IPアドレス等のセッティング

4. SheevaPlugについてきたCDのSheevaPlug_U-Boot.zipを解凍し、u-boot-

rd88f6281Sheevaplug_400db_nand.binがSheevaから参照できるようtftpの設定を行う。

5. SheevaPlugからupdateをかける

といったような流れでやります。

[sourcecode language=”plain”]
Marvell>> version
U-Boot 1.1.4 (Mar 19 2009 – 16:06:59) Marvell version: 3.4.16
[/sourcecode]

ブート直後にversionコマンドを打ち、上記のバージョンが出てきたら、Updateの必要ありです。

[sourcecode language=”plain”]
Marvell>> setenv ipaddr 192.168.123.100
Marvell>> setenv netmask 255.255.255.0
Marvell>> setenv serverip 192.168.123.50
Marvell>> saveenv
Saving Environment to NAND…
Erasing Nand…Writing to Nand… done
Marvell>> ping 192.168.123.50
Using egiga0 device
host 192.168.123.50 is alive
[/sourcecode]

ご自身の環境にあわせてIPアドレス等の設定を行ってください。serveripは母艦になるPCのアドレスでOKです。あと、とりあえず、pingも通るか試しておきましょう。

[sourcecode language=”plain”]
Marvell>> bubt u-boot-rd88f6281Sheevaplug_400db_nand.bin
Using egiga0 device
TFTP from server 192.168.123.50; our IP address is 192.168.123.100
Filename ‘u-boot-rd88f6281Sheevaplug_400db_nand.bin’.
Load address: 0x2000000
Loading: #################################################################
###########################
done
Bytes transferred = 470920 (72f88 hex)

**Warning**
If U-Boot Endiannes is going to change (LE->BE or BE->LE), Then Env parameters should be overriden..
Override Env parameters? (y/n) y ← yかnか不明だったんですが、あえてyにしました・・
Erase Env parameters sector 655360…
Erase 0 – 655360 …
Copy to Nand Flash…
done
Marvell>> version

U-Boot 1.1.4 (Mar 19 2009 – 16:06:59) Marvell version: 3.4.16
Marvell>> reset

__  __                      _ _
|  \/  | __ _ _ ____   _____| | |
| |\/| |/ _` | ‘__\ \ / / _ \ | |
| |  | | (_| | |   \ V /  __/ | |
|_|  |_|\__,_|_|    \_/ \___|_|_|
_   _     ____              _
| | | |   | __ )  ___   ___ | |_
| | | |___|  _ \ / _ \ / _ \| __|
| |_| |___| |_) | (_) | (_) | |_
\___/    |____/ \___/ \___/ \__|
** MARVELL BOARD: SHEEVA PLUG LE

U-Boot 1.1.4 (Aug 22 2009 – 11:36:42) Marvell version: 3.4.16
[/sourcecode]

bubtコマンド?で、母艦のtftpで指定しているupdateファイルを指定し、問題なければLoadします。その後、resetし、再起動後バージョンを確認し、もとの不具合バージョンと違っていればOKです。

SheevaPlugについての質問等ありましたら、お答えしますので、コメント投稿ください~。

スポンサーリンク
SheevaPlug Uboot アップデート方法
DigitalGateの記事がまあまあ面白かったら、
いいねをおねがいします~!

シェアする

関連記事はコチラ!!

~関連記事はコチラ~