スーツケースのコロ(キャスター)のゴムが取れたので修理してみた

シェアする

久々に家族で沖縄に旅行しようと準備していると、妻がスーツケースの車輪(コロ(キャスター))のゴムが劣化して取れてきていることに気づきました。

4つのコロの内、1つのゴムが取れてしまい、動かすといつもよりガタガタする。

買い換える時間はなかったのでそのままGo!沖縄につく前に、ほぼ全部のコロのゴムが取れてしまい、プラスチック剥き出しで激しい衝撃が・・・・。

下の写真のように周りのゴムがなくなり、プラスチックが剥き出しになっています(笑)

P_20150502_164108


とりあえず、やり過ごしましたが、コロがつぶれたくらいで買い替えるには高過ぎる商品。その他の機能は何も壊れてないのに数万もするものは買えません。

いろいろ調べてみると、ネット上でもコロが潰れたというよりは、コロの車輪のゴムが劣化してとれてしまう人の方が多い様子復活させる方法として一番簡単な方法を紹介します。

スポンサーリンク

靴修繕クリーム(シューズドクター)を買う

ホームセンターに何か良い物はないかと探しに行った所、コロだけ大量に売ってました。しかも激安。1つ100円くらいです。ただ、コロまでとりかえると、コロをノコギリかなんかで切り取らなければ厳しそうな作りなので、シューズドクターという靴のかかとを修繕するクリームを購入。

クリームと言っても、塗ってしばらくすると硬化しゴムのようになります。大体300円くらいだったでしょうか。

塗ってみる

とりあえず、一人で塗ろうとすると車輪がクルクル周り滅茶苦茶塗りにくいです。何かでコロを固定するか、もう一人手伝ってくれる人を呼んでコロをおさえてもらいましょう^^;

四苦八苦しながら、付属のヘラで塗りますが見た目が汚い・・・・養生とか上手くすれば良いのでしょうが、まずはコロがうまく動けばオッケーなので塗りたくりました。

結果

下の写真のようになりました。やはりぬりたくっただけなので、ガタガタしますが少しは衝撃は吸収されている気がします(笑)見た目は最悪ですが、一、二回の旅行は持つでしょう。

P_20150513_214005

見た目はどうでもいいから、とりあえず何とかしたいという方は、手っ取り早いのでこの方法をとってみてはどうでしょうか。

ちなみに、私が愛用しているビジネスかばんの製造元である兵庫県老舗のエンドー鞄からは、キャスターが潰れることを見越して取り替え可能なパーツを提供してくれてる事を知りました。

こういうユーザーの事を考えた設計をするのは、老舗ならでは!と思いました。ここのキャリーバッグ買うべきだった・・・・(笑)

スポンサーリンク
スーツケースのコロ(キャスター)のゴムが取れたので修理してみた
DigitalGateの記事がまあまあ面白かったら、
いいねをおねがいします~!

シェアする

関連記事はコチラ!!

~関連記事はコチラ~