MAN vs WILD  ~Bear Gryllsという男について~

シェアする

半年くらい前、『MAN VS  WILD(邦題:サバイバル)』という番組が、スカパーのディスカバリーチャンネルでやっているのを見た。その番組は、ベア・グリルというイケメン男性が、大自然でどうやって生き延びるかということを身をもって教えてくれるものである。

ジャングル、砂漠、氷河、至る所にチャレンジし、野宿何かは朝飯前で、食べ物がない場合、リスや蛇、何でも食べる。また、水がなければ自分の小便すら飲む。今週見た内容では、砂漠にチャレンジし、食べ物としてスカンクをぶっ殺して焼いて食べていた。

「鶏肉に糞をつけて食べたような味だ・・・うげぇ!」

といいながら食していた。恐ろしい男である。また、彼は「貴重な栄養源なんだ!」と我々に教えてくれながら、砂漠の洞穴にあった蜂の巣を切り取り、食べた。そのとき、蜂に眉間を刺され、目が開かないくらい腫れた状態で砂漠をさまよっていた。まさにサバイバルだ。

何でそんなことするの!?といったことを平気でやるので、それを突っ込みながら見ると面白い。イケメンだから、えぐいことをしていても見ていられる。そんな気がします。

スポンサーリンク
MAN vs WILD  ~Bear Gryllsという男について~
DigitalGateの記事がまあまあ面白かったら、
いいねをおねがいします~!

シェアする

関連記事はコチラ!!

~関連記事はコチラ~